結婚前の身元調査でわかった彼女の衝撃事実!1《離婚歴》

一般的に、結婚前の身元調査は、男性に対して行うものというイメージがありますが、女性に対して行うケースも数多く報告されています。
また、ご両親から娘・息子の婚約者を調査してほしいと依頼するケースも実は多くあります。

 

何事もなく、幸せな結婚をするカップルもいますが、調査後に、婚約を解消するカップルも少なからず存在するものです。
ここでは、結婚前の身元調査で分かった、彼女の衝撃事実について、ご紹介していくことにしましょう。

 

交際3ヶ月で婚約した息子が心配で…

まず最初にご紹介するのは、歳の差のあるカップルのお話です。

 

男性Mさんのお話

Mさんははまだ20代半ばで、大学を卒業して社会人になったばかりでした。

 

そんな彼が、交際から数ヶ月で結婚を決めたということで、交際中の女性を実家へ連れて来たのです。
Mさんとその女性は歳の差が大きくあったため、多少の違和感はぬぐえませんでしたが、やはり引っかかることがあったため、Mさんの両親は探偵事務所に調査を依頼しました。

 

調査の結果、女性には離婚歴があり、小さな子供がいることが分かりました。
それだけではなく、現在は風俗店に勤務し、他に交際している男性がいることも分かったのです。

 

男性の両親は、この女性との結婚を認めるわけにはいかず、話し合いの場を設けることにしました。
事実を知った交際相手の女性は、報告書を見るなり物凄い剣幕で怒ったそうです。

 

そして、プライバシーを侵害されたということで、慰謝料を請求するとまで言われてしまいました。
この事実を探偵事務所に相談したところ、交際相手の女性から慰謝料を請求される可能性はないことが分かり、また、事実が分かった以上、婚約を解消することにしたそうです。

 

 

 

40代で初婚の息子の婚約者…本当の狙いは?

次にご紹介するのは、40代男性の体験談です。

 

男性Wさんのお話

Wさんは4代続く大きな会社の跡取り息子。
親の七光り、といった評判も払拭するかのように若い頃はがむしゃらに働き、社員からの信頼も厚く、会社の業績も順調でした。
しかし、仕事に打ち込むあまり、なかなかこれといった伴侶となる女性を見つけられずに、40代を迎えていました。

 

そんな中、友人に誘われた会食で知り合った、12歳年下の女性にWさんは一目惚れ。
Wさんからの猛アプローチの末、女性と結婚を前提に付き合うことになりました。

 

遅い結婚の話だったこともあり、男性の身内も結婚の話に大変喜んでいました。
しかし、結婚前から、遺産相続の話がたびたび出てくることにWさんは不信感を感じ、探偵に調査を依頼したのです。

 

結果、女性の身内に莫大な借金があることが分かりました。
すでに籍を入れていたことから、話し合いは難航しましたが、お金目当ての結婚であったことは明らかで、最後は探偵事務所からの調査報告書が大変役に立ったそうです。

 

 

 

結婚は、本人同士だけの話ではなく、両者の家族も関わってくる話です。
不審な点を感じた際は、念のために探偵事務所を利用することで、最悪の事態を避けることができるでしょう。